C.S.B 大阪・心斎橋店

MY BLOG

【シーシャ講座#004】シーシャ(水タバコ)と電子タバコ

こんにちは!!

シーシャ講座大4弾は「シーシャ(水タバコ)と電子タバコ」の違いについてです。

当店でもお客様から良く質問される内容です。

「大量の煙」や「様々な種類のフレーバーがある」という点が共通しています。

シーシャ(水タバコ)はタバコの葉っぱをシロップに漬け、

加熱することで煙を出すという仕組みです。

一方電子タバコは、専用のリキッドを加熱することで煙を出しています。

仕組みを見ても似ていますよね、、、

それゆえ当店が思う大きな違いは、「楽しみ方の違い」です。

シーシャ(水タバコ)は、

様々なフレーバーのミックス、ボトルに入れる液体、ホースの種類、火加減など

様々な要因によって香りが変化します。

そのため、慣れ親しんだ人たちはシーシャのアレンジを楽しんでいます。

電子タバコはそれほど多くの香りに影響する要因が少ないので、

どちらかと言えば単調な楽しみ方になります。

シーシャ(水タバコ)の方が楽しみ方の幅が広いというのが

大きな違いではないでしょうか。

ぜひ当店でもアレンジを楽しんで見てください!!