C.S.B 大阪・心斎橋店

MY BLOG

シーシャフレーバーのミント系はなにがある?

「シーシャフレーバーのミント系はなにがあるの?」

という疑問をお持ちの方は少なからずいるでしょう。

ミント系のフレーバーはフレーバーメーカーごとに最低1つはあります。

今回は、C.S.B大阪梅田店シーシャカフェ&バーにある

ミント系のフレーバーを紹介します。

CSB大阪梅田店 ミント系シーシャフレーバー
ミント系フレーバー

 

目次

1ミント系のフレーバー紹介

2.ミント感が最も強いフレーバ

3.まとめ

 

1ミント系フレーバー紹介

2021年2月現在、C.S.B大阪梅田店シーシャカフェ&バーにあるミント系フレーバーは

「Fumari(フマリ)ミント」「Al FAKHER(アルファ―ヘル)ミント」

「Trifecta(トライフェクタ)のトゥアイスザアイス」「SOCIAL SMOKE(ソーシャル)のアブソリュート」

の4つです。

それぞれのフレーバーメーカーにより同じミントフレーバーでも

特徴が違い、喉にくるものからミントの香りだけするものまであります。

それぞれのフレーバーメーカーに特徴があるため、

シーシャカフェ及びバーに行った際は店員さんにどのフレーバーメーカー

のミントを使っているかを確認し、どの程度のミント感なのかを教えてもらうとよいでしょう。

 

2.ミント感が最も強いフレーバ
CSB大阪梅田店 シーシャフレーバー
Twice The Ice(トゥワイスザアイス)

「Fumari(フマリ)ミント」「Al FAKHER(アルファ―ヘル)ミント」

「Trifecta(トライフェクタ)のトゥアイスザアイス」「SOCIAL SMOKE(ソーシャル)のアブソリュート」

の中で一番ミント感が強いフレーバーは「Trifecta(トライフェクタ)のトゥアイスザアイス」です。

「Trifecta(トライフェクタ)のトゥアイスザアイス」は喉にくる「スース感」と共に

ミントの香りがするため、ミント感がより欲しい方はトゥアイスザアイス

を注文するとよいでしょう。

また、ミント系は入れる配分によりミント感の強弱が変わるため、

ミント感がより欲しい場合にはミントフレーバーを入れる量を多く

することをオススメします。

ミント感が一番強いフレーバーと言われているものはFMLミントというフレーバーがありますが

CSB大阪梅田店では現在欠品中です。

※C.S.B大阪梅田店シーシャカフェ&バーでは、

お客様のご要望に合わせミント系やその他フレーバーを入れる配分を変えています。

「ミント感が強い方よい」「ミント感弱めの柑橘系がよい」などございましたら

気軽にスタッフまでその旨をお伝えください。

 

3.まとめ

2021年2月現在、C.S.B大阪梅田店シーシャカフェ&バーにあるミント系フレーバーは

「Fumari(フマリ)ミント」「Al FAKHER(アルファ―ヘル)ミント」

「Trifecta(トライフェクタ)のトゥアイスザアイス」「SOCIAL SMOKE(ソーシャル)のアブソリュート」

の4つです。

ミント系フレーバーはフレーバーメーカーにより最低1つはあり、

それぞれのメーカーによりミント感が弱いものから強いものまであります。

シーシャカフェ及びバーに行った際には、どの程度ミント感が欲しいのかを

シーシャ注文時に店員さんに伝えるとよいでしょう。

 

あわせて読みたい

 

C.S.B大阪梅田店シーシャカフェ&バー情報

大阪梅田にあるシーシャカフェバー

お昼13時から朝5時まで営業しているためカフェ利用及びバー利用もできる